脇汗 止める 方法

脇汗を止める方法について、分かり易く説明しています。
MENU

ワキガに対しての日本人の意識

ワキガと聞くと、悪いイメージを思い浮かべる方が多いでしょうが、
実際のところ、これは日本人ならではの感情という事ができます。

 

欧米人はワキガ体質の方が大半

やや失礼かもしれませんが、欧米人は大半がワキガ体質です。
欧米人は体臭が強烈という話もよく聞きますが、入浴の常識が異なるだけでなく、
元来保持しているアポクリン腺の数量が異なるために、
このような状況になっているのです。

 

それから食生活の習慣の差異も影響しています。
食事習慣の差異は臭いにも多大な差異を生み出しています。
日本人は元来、魚や野菜がメインの食生活を送ってきましたが、
欧米人は乳製品や肉類がメインでした。

 

欧米人の食生活は、アポクリン腺や皮脂腺を活性化させやすく、
臭いも生じやすいのです。

 

 

近頃は日本人の食事習慣もアメリカナイズされてきているので、
それが原因でワキガに苦しむ方が増加している、と判断できます。

 

ワキガ体質の本質は、アポクリン腺の数量が多い事であり、
アポクリン腺から生じる汗の臭いには、ほぼ関連性がありません。

 

欧米人の大半がワキガ体質ですが、
だからと言って必ずしも臭いが強烈だとは言い切れないのです。

 

 

ワキガ体質の方が強烈な臭いを招く生活習慣を継続していると、
厄介で周囲に不快感を与えるワキガの症状が出始めるようになります。

 

先天的な体質は変化させられません。
ワキガに苦しんでいるのであれば、生活習慣の見直しなどで、症状を抑制しましょう。

 

 

日本人は脇の臭いに対して敏感

欧米人の7割以上がワキガ体質であり、別に特別な症状でもないのですが、
これが日本人となると、ワキガ体質の方は全体の1割程度となります。

 

日本人の国民性として「周りに合わせたい」という方が多いので、
ワキガ体質の方が、変な目で見られやすいのです。
そもそも「1割」というのは、実は結構多いと思うのですが……。

 

また、日本は古来から水が豊富であり、清潔を好む人間が多いです。
毎日欠かさず入浴するのは、日本人のみとも噂されるほどです。

 

 

欧米においては、体臭は絶対に嫌われるものというわけではなく、
セックスアピールの1つとして、香水などと併せながら活用すべきものとして
扱われている部分も大きいそうです。
一方、日本人にはあまり匂いに強い香水は好まれませんよね。

 

治療に関しても、国外では臭いの「抑制」がメインですが、
日本の場合は「除去」が主流で、そのためには手術も施されます。
文化の違いによって、ここまで扱い方に差があるのです。

 

上記のとおり、日本人は脇の臭いに関して非常に敏感であると言えます。
人口密度の多さも、多分に影響していると思います。脇汗を止める

 

 

このページの先頭へ