脇汗 止める 方法

脇汗を止める方法について、分かり易く説明しています。
MENU

冬の脇汗が濃く臭う理由は

悩ましい脇汗は、夏場のみならず冬場にも思いのほか生じるものです。
暑くないのになぜ?と感じるかもしれませんが、
冬場は寒いので、身体が本能的に震えるなどして発熱しようとします。
このようにして脇汗が生じる場合があります。

 

冬場の脇汗と夏場の脇汗はその性質が違います。
きちんと理解した上で対応しましょう。

 

冬場の脇汗は臭いやすい

冬場の脇汗には、何を隠そう臭いやすいという性質があります。

 

夏場の方が発汗量も多く臭いそうに感じますが、
実際のところ冬場の方が臭いが強くなる要素がたくさんあるのです。

 

例えば、着こなし一つ取っても、
夏は風通しが良いので、汗が蒸発して逃げやすいですし、
体温調整のための汗は元来それほど臭わないものなのです。

 

反面、冬場は汗が蒸発しにくく、乾いたとしても、その汗は衣類にこびりつきます。
加えて、厚着が原因で衣類の中の風通しが極めて悪いので、
この上なく雑菌が殖えやすい環境になり、臭いが強烈になります。

 

汗の性質が異なる

また、夏場は体温を下げたり、喉の渇きを癒したりするために頻繁に水を飲みますが、
冬場は身体を冷やしたくないため、水分補給がおろそかになっている方が多いです。

 

すると、汗の成分が夏と比較して濃くなってしまうのです。
当然、汗は薄いものよりも濃いものの方が臭いが強いです。

 

夏場の汗はエクリン腺という名の汗腺から生じる、体温調整を目的としたもので、
汗そのものは、ほぼ水と同一の成分です。

 

しかし、発汗量が多大な際は、汗と同時に皮脂や古びた角質が流れて、
それを好む雑菌が殖えて、臭いが発生する場合もあります。

 

厄介な汗は「アポクリン腺」という名の汗腺から生じるタイプのものです。
いわゆる「濃い汗」とはこれの事であり、このケースでの脇汗は臭いが強烈です。

 

加えて、ネバネバ感があり、乾くと発酵が進み臭いが発生します。
俗にいうワキガの方は、このアポクリン腺が多かったり、大きかったりするのです。

 

冬場に生じる汗の本質は、体温調整とは異なる場合が大半であり、
ほとんどが寒さや衣類の密着度合い原因で、
ストレスや緊張を感じるために発生しています。

 

このような汗は、アポクリン腺から生じるので、臭いも強烈になりやすいのです。
しかも、上で述べたように衣類に付着して長く残存するので、
アポクリン腺特有の成分の働きにより、強烈な臭いが生じやすくなっているのです。
手の汗 止める

このページの先頭へ