脇汗 止める 方法

脇汗を止める方法について、分かり易く説明しています。
MENU

脇汗・消臭ケア商品の種類

脇汗関連のトラブルを解消するための対策用品は実に様々で、
それぞれが多様な方向から脇汗ケアをしてくれます。
どんなタイプの製品がどんなケアを行うのか、簡潔にまとめてみました。

 

シート式

シート式の脇汗ケア製品は、生じた汗を吸って拭く形式です。
汗を吸う事により、蒸れや汗ジミを防止する機能があります。

 

また、殺菌成分を含有しているタイプもあり、
雑菌由来の臭いを防止する作用を望めるものもあります。

 

シート式の利点は時と場所を選ばずに使用可能な事で、
持ち運びやすく、お出かけの際のケアにも便利です。
欠点は、ケア作用があまり長続きしない事です。

 

制汗式

制汗式には、読んで字のごとく汗を抑制する効果があります。
発汗量が減少するので「汗が好物の雑菌」の繁殖を抑制でき、臭いも防止可能です。

 

スプレー形式で簡単に使用できるものが大半ですが、
発汗を完全にシャットアウト出来ない際には、衣類に汗が染みて臭いを発するケースも。

 

基本として発汗量を減少させるだけの製品が多いので、消臭力は弱いものが大半です。
汗の臭いよりも、発汗量で困っている方にお勧めの形式と言えます。

 

殺菌式

殺菌式は制汗式とは異なり、臭いに重点を置いた製品です。
殺菌式は皮膚に住む臭いの要因菌を殺す事で、臭いを防止します。

 

ただ、殺菌成分の種類によっては、要因菌のみならず、
良い匂いを発している有効菌や常在菌まで殺してしまって、
むしろ皮膚環境を悪化させたリ、臭いをひどくしたりしてしまう場合があります。

 

消臭式

消臭式は、臭い成分を包んで香りを消していく形式です。
ゆえに、殺菌式のように直にその要因にアプローチするわけではありません。

 

ですから、肌に直接の影響が表れないというのが利点であり、
臭いの軽減作用で考えても優秀です。

 

欠点はその性質上、どうしても抑制量や持続時間に限りがあり、
まめなケアが欠かせなくなってしまう、という部分です。

 

マスキング式

芳香剤と同様の仕組みで、臭いトラブルを解決していく手法。
それがマスキングです。
つまり悪臭に打ち勝てるだけの良い臭いで、悪臭を覆い尽くすのです。

 

消臭式と同様に、細菌状態や肌に影響を及ぼさないという利点がありますが、
持続時間はやはり短く、臭いに関しても自分に馴染まないケースがあります。

 

単に消臭ケア製品とは言っても、臭いや脇汗への対処には色々な方向性があり、
その効力も体質により差が大きく出るので、いくつか挑戦してみて、
自分にマッチするものを探しましょう。
手汗 改善

このページの先頭へ