脇汗 止める 方法

脇汗を止める方法について、分かり易く説明しています。
MENU

生活習慣を改めて脇汗対策

脇汗は暑さが要因でなければ、自律神経の不調の可能性が高く、
生活習慣を見直してみる事が重要です。

 

汗腺が多い体質の方もいるので、各々で差は出るでしょうが、
生活習慣を改める事により、脇汗の軽減が望めます。

 

食生活の見直し

脇汗は身体から生じますから、身体作りに繋がる食生活とは密接な関わりがあります。
肉類メインの脂質の多量なものや、インスタント食品やファストフード、味の濃いもの。
このような食事がメインだと、発汗量が多くなってしまいます。

 

体内の毒素を分解する事が困難になり、発汗によって外に出そうとするため、
自然と発汗量が増加し、臭いも強くなってしまいます。

 

そして、冷たい食べ物の食べ過ぎも、体温調整機能を乱してしまい、
これが起因で汗の量が増加する可能性もあります。
このような食生活を改める事で、脇汗の軽減はある程度叶うと言われています。

 

 

運動を行う

運動を行うと発汗が促されそうですが、それは一過性のお話。
長い目で身体の事に気を配るならば、運動を生活に取り入れた方が、
発汗量を軽減するためには有効です。

 

脇汗は元来体温調整の役割を担っており、エクリン腺という名の汗腺が暑さを覚えたら、
体温の余計な上昇を防ぐために発汗する事によって、
気化熱で熱をさらって、体温を低下させるようになっています。

 

ですが、運動が足りず温度変動が鈍い室内などに長期間居座る事で、
体温調整機能が乱れ、些細な温度変動にも敏感に反応を起こして発汗します。
また、過剰な冷却が継続した際にも、身体が熱を発しますが、
その際にも発汗があります。

 

これ以外にも、肥満体質であれば脂肪で熱が逃がしにくくなり、
それが原因で体温を低下させるために発汗量が増加しますから、
このような肥満の解消のためにも運動を行う事は重要です。

 

 

ホルモンバランスの調節

脇汗に関する女性ならではの苦しみですが、女性ホルモンの発生量が減ると、
自律神経が乱れ、ホットフラッシュという名の、大量発汗を伴う症状が生じます。

 

ホルモンバランスの乱れは、自律神経のトラブルですから、
ストレスの軽減や生活習慣の良化、ホルモン剤の使用などで制御しますが、
やはり安定化させるのはそれなりに困難です。

 

 

ストレス発散

ストレスや緊張も脇汗の大きな要因であると見られています。
これは、ストレスや緊張が自律神経を狂わせ、
ホルモンの発生量を乱したり、皮脂や汗の過剰分泌を生じさせるからです。

 

一気に緊張やストレスへの抵抗力を増大させることは無理ですが、
日頃のストレスを軽減させれば、それなりには良化しますから、
毎日の生活の中で上手くストレスを発散していきましょう。

 

加えて緊張しやすい方は、重要な局面で脇汗に見舞われないように、
前もって制汗剤や脇汗パッドを準備しておくと、万一のときも安全です。

 

汗を抑えるには生活習慣を見直すことが、自分でできる対策の一歩ですね。

 

このページの先頭へ